大江町老連 月が丘サロン会

投稿日:2020年9月9日
投稿者名:大江町老人クラブ連合会

大江町老人クラブ連合会では、「老人ふれあい事業」として、サロン活動を行っている単位クラブの支援を行っています。

その中でも、月が丘サロン会は毎週月曜日の午後に百歳体操を実施し、毎回多くの方が参加しています。

百歳体操を取り組んだきっかけは、平成28年に地域包括支援センターで開催した介護予防のための体操普及講座に仲間が参加したことでした。

週1回程度、定期的に体を動かすことで老化のスピードを遅らせる体操で認知症予防にも良いと聞いたので、当時の老人クラブ会長が区長に「百歳体操を公民館で実施しよう!」と呼びかけたことから始まりました。

地域包括支援センターにも定期的にサロンを開催して百歳体操を実施することを伝え、体操に必要な備品や機材など何が必要か教えてもらい、それらを区が調達してくれました。

公民館の玄関に手すりを付けてくれるなど区のバックアップは、参加者の安全を確保するのに大変助かりました。

 

月が丘サロン会では、地域の高齢者がいつまでも元気で過ごせるように地区の皆さんと協力し合って活動をしています。

百歳体操には、区長さんと民生委員さんも参加し、老人クラブ以外の方も参加してくれます。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、3ヶ月間は活動を自粛していました。

しかし、新しい生活様式を取り入れて、密にならず距離を置いて、お互いに感染予防対策を行ってサロン活動を再開しました。

距離を置いて体操しているので、部屋に入りきれない人は通路を利用して体操をしています。

「コロナで体操さんねくて(出来なくて)・・・サロン再開はうれしい!みんなの笑顔を見れてうれしい!」という声もありました。

自粛生活前と同じ、参加者の“手押し車”は定位置にちゃんと駐車しています。

今後は、感染予防対策を行っていることを周知し、自粛活動後に遠慮して参加していない仲間にも声がけをしていく予定です。