全国一斉「社会奉仕の日」活動

投稿日:2020年9月24日
投稿者名:南陽市老人クラブ連合会

920日、 全国老ク連が地域社会に対する感謝と地域の担い手として活力を示すことを目的に、「健康・友愛・奉仕の『全国三大運動』」の一つとして「全国一斉『社会奉仕の日』」の取り組みを呼びかけており、これに呼応しての活動を実施しました。内容は会員が取り組んでいる地域内の花壇の整備の一環として除草と花柄つみをしました。新型コロナウイルス感染防止および熱中症予防対策をしっかりしたうえでの実施です。

ここ数日急に寒くなっていますが、これまで気温が高く雑草はかなり繁茂していました。みんな手慣れしていて順調に作業は進みました。

地域内にかかわらずきれいにしている花壇は広く市内の方々に喜んでもらっています。『社会奉仕の日』の“のぼり旗”のとなりに映っている女性は89歳ですが、みんなと一緒に元気に活動しています。

令和2年度の『みんなが集う活動』は10月で終りになります。

4月と5月中旬までは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響でほぼ活動をすることができませんでした。

広報誌の配布と合わせて脳トレや川柳など家での活動をしてもらいました。

また各自テレビ体操で体を動かしてもらうなどの呼びかけも行っています。

その時々でできる活動として、新型コロナウィルスの第3波に備え冬場の活動を各人の自宅でやっていただくメニューを考えました。

10月に案内し11月からはじめます。

頭と手を使う『認知症予防』を行う予定です。

南陽市郡山若松会 会長