ボッチャ講習会を開催しました

投稿日:2020年10月27日
投稿者名:きららクラブ米沢

こんにちは。きららクラブ米沢です。

10月23日にパラリンピックの正式種目であるボッチャ講習会を開催しました。

各単位クラブから代表者2名ずつ参加していただき、講習会終了後は各クラブでボッチャの普及をしていただくことが目的です。

講師は山形県障がい者スポーツ指導者協議会と米沢市身体障がい者福祉協会の方々です。

ボッチャのルールを超簡単に説明すると、白いボール(ジャックボール)に自分のボールをいかに近づけるかを競うスポーツです。ルールは簡単そうですが、実際にやってみると狙ったところにボールが転がらず思うようにいきませんでした。何回も失敗しましたが最後にジャックボールの近くに止まった時は本当に嬉しかったです。

参加者の皆さんは講師の方の説明に耳を傾けメモを取ったり、次々と質問をしたりするなど熱心な様子でした。プレー中は一投ごとに、「惜しかったな。」 「すごーい。上手、上手!」などと仲間同士で声をかけ合っていました。

ボッチャは障がいの有無に関係なく、老若男女だれもが楽しめるスポーツです。

参加者の皆さんにもきっとボッチャの魅力が伝わったことと思います。時期がきたら交流大会ができるようにボッチャの普及に努めていきたいと思っています。

“ボッチャ”って楽しいよ♬