第32回山形県健康福祉祭「美術展」が山形美術館を会場に2月16日(金)から18日(日)まで開催されています。

 この美術展は、ときめきねんりんピック2023の文化部門として毎年2月に開催され、県内高齢者の創作による日本画、洋画、彫刻、工芸、書、写真の6部門から149点が出品されました。

 2月15日(木)に審査会がい開かれ、山形県知事賞や山形県社会福祉協議会会長賞など30点が入賞されました。

 そのうち、各部門の上位2作品が今年10月に開催される「第36回全国健康福祉祭とっとり大会」美術展に山形県の代表作品として出品されます。

 この事業は、高齢者の文化活動の参加と生きがいづくりを促進し高齢期における芸術作品の発表の場として人気があり、高齢者が作り出す作品は、迫力のなかに繊細さがあり、彩り豊かで懐かしさや心和む温かみが表現され、会場を魅了しています。

 皆様のご来場をお待ちしております。

    

第32回山形県健康福祉祭「美術展」入賞者一覧