3月23日(火)午後2時から、山形市内の山形県小白川庁舎2階「研修室」において、

県政広報テレビ「やまがたサンデー5」の収録が行われました。

今回の企画は、4月6日(火)から15日(木)まで、「春の交通安全県民運動」が実施され、運動の重点として「子どもと高齢者を始めとする歩行者の安全確保」を第一に掲げており、運動期間中に放映することで「交通事故に気をつけよう!」の意識を県民に広報周知するものです。

本会としても、高齢者の交通死亡事故が例年多発し、占率も7割を超えることから、「自分の命と仲間の命を守る」取り組みとして、「参加・体験・実践型」

の交通安全教育の開催を呼びかけています。

この日は、前日に県内の新型コロナウイルス感染者が5日連続して二桁発生し過去最多記録となったことから、山形県と山形市が共同で「緊急事態宣言」を発令されたことで不安もありましたが、感染予防対策を徹底し山形市内の2つのクラブから6名の会員に協力いただきました。

会場には、「交通安全教育参加体験型機材」次の2つが設置されました。

①交通安全危険予測シミュレータ(県交通安全対策協議会所有)

②動画KYT/K危険・Y予測・Tトレーニング(県警察本部交通企画課所有)

参加者からは、実際に体験してみての感想やこれまでヒヤッとした経験と普段心がけてることなどのインタビューに答えていただいました。

この収録は、下記のとおり放送されますのでぜひご覧ください。

番組名:「やまがたサンデー5」

放送局:YBC山形放送

放送日と時間帯:4月11日(日曜日)午後5時15分~5時30分

再放送(1):4月15日(木曜日)午前1時24分~1時39分

再放送(2):4月17日(土曜日)午前5時15分~5時30分