山形新聞・山形放送では、平成元年から50年の長きにわたり、共に力を合わせ良き家庭を築き、地域社会に貢献してこられました金婚ご夫婦を顕彰しています。

この事業には、県老人クラブ連合会と市町村老人クラブ連合会が協賛しており、各方面より大変ご好評をいただき、これまで74,000組を超える金婚さんに記念品が贈られました。

今年は、33回目を迎え、次の方が対象となります。

【顕彰対象者】1971年(昭和46年)1月1日から、同年12月31日まで結婚されたご夫婦。

または、今年で結婚50年を経過しこれまで山新おしどり金婚さん顕彰を受けておられないご夫婦。

【受付期間】2021年4月1日(木)~5月31日(月)

【申込み方法】所定の用紙に必要事項を記入の上、各市町村老人クラブ連合会、山形新聞社本社、各支社、山形新聞各販売店に申し込んでください。

申込み用紙は、次のPDFデータでご確認ください。

R3山新おしどり金婚顕彰申込み用紙

3月30日(火)の「山形新聞」に募集社告が掲載される予定です。