啓発広報ちらし

山形県内では今年4月以降交通死亡事故が10件連続発生し、前年比8件増加しており、5月末には3日間で3件の死亡事故が連続発生する異常事態となっています。その中には高齢者が関係する事故は半数以上を占めています。これら事故統計を基に広報啓発チラシを作成し、県警察本部交通部長から関係機関に対して「交通死亡事故抑制対策の強化について(お願い)」の文書が通知されました。県内老人クラブ会員の皆さんをはじめ、未加入者やご家族にもお知らせいただき、事故に遭わないようご注意下さい。