きららクラブ寒河江「公式ワナゲ普及員養成研修会」を開催

投稿日:2020年11月25日
投稿者名:きららクラブ寒河江

11月16日(月)、寒河江市ハートフルセンター2階「多目的ホール」を会場に、コロナ感染予防対策を万全に標記研修会を開催しました。

参加対象は老人クラブ会員を主体に呼びかけ、また老人クラブの組織と活動を今後協力支援し連携を図る関係機関として社会福祉協議会職員と体育協会職員等18人が参加受講しました。

講師には、県老人クラブ連合会髙橋事務局長(公式ワナゲ公認指導審判員)を派遣していただきました。

公式ワナゲ用具の説明に始まり、コートの設営の仕方、輪の投げ方(フォーム)、競技規則(ルール)、スコアの記入など座学に続き、休憩をはさんで、その後実技実践により解説し確認しました。

研修会終了後、普及員認定資格にチャレンジし、普及員としての役割と特典の中での全国ランキング大会についても理解を深めました。

普及員認定チェックテストの結果について、後日連絡があり全員が合格して認定証が届きました。

今後きららクラブ寒河江では、これまで認定有資格者も含めて「公式ワナゲ愛好会(仮称)」を立ち上げ、老人クラブ組織拡充につなげるため、各地域単位で実施するワナゲ競技成績を市老連にエントリーしてランキングを公表するなどの構想を進めていきます。