令和3年度大江町老人福祉大会

投稿日:2021年9月16日
投稿者名:大江町老人クラブ連合会

9月16日(木)に町ふれあい会館多目的ホールを会場に「令和3年度大江町老人福祉大会」を開催しました。

この大会は、毎年9月の老人の日・老人週間の期間中に「高齢者一人ひとりがいきいきと輝けるような老人クラブ活動を展開し、新たな仲間の加入推進を図りながら、老人クラブの発展と高齢者福祉を向上を期すること」を目的に開催しています。

今年は、コロナ感染症が県内や町内においても拡大している中で、実施できるか行政はじめ関係団体とも十分調整をはかり、会場を収容人数の多い施設に変更し、参加者も人数制限を行い座席を前後左右間隔をとり着席いただく配置にしました。

また、大会参加者には、マスク着用、検温、手指消毒などの協力をいただき感染予防を徹底しました。

大会では、町老連会長から老人クラブ役員功労表彰(10名)と優良会員感謝状(9名)が授与され、9月2日の第55回山形県老人福祉大会が中止となったことから県老連会長表彰(育成指導功労2名、優良老人クラブ1団体)の伝達をいただきました。

また、山形新聞・山形放送主催のおしどり金婚さん顕彰の贈呈では、今年度12組が申請されその内2組に出席をいただきました。

来賓には、松田清隆町長・町社会福祉協議会長、菊地勝秀町議会議長、髙橋潔県老連常務理事、黒田良太山形新聞寒河江支社長よりご臨席をいただき、皆さんからご祝辞を賜りました。

その後暫時休憩を取って、記念講演として寒河江市の本山慈恩寺館長の大江幸友氏よりお話をいただいました。